タカミヤグループ、老舗旅館「つたや長兵衛」買収

2011/1/12付
保存
共有
印刷
その他

2009年春に経営破綻した山形・あつみ温泉の老舗旅館「つたや長兵衛」(山形県鶴岡市)を、高見屋旅館(山形市、岡崎弥平治社長)を中心としたタカミヤホテルグループが取得することが11日明らかになった。内外装を改修し、名称も変更した上で7月下旬をメドに営業を始める方針。創業200年近い名物旅館がほぼ2年半ぶりに復活する見通しとなった。

同グループの三ツ弥商事(同、同)が取得、12日付で登記する予定だ。取得金額などは明らかにしていない。つたや長兵衛は天保年間(1830年代)創業で純和風旅館だったが、モダンなイメージに変えるという。年間売り上げは3億5000万円を目指す。

同グループはこれまでも積極的なM&A(合併・買収)で事業を拡大。現在、蔵王温泉に深山荘高見屋、ホテルルーセントタカミヤなど5館のほか、鶴岡市湯野浜の「西洋茶寮」を含め計6館を運営している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]