2019年1月24日(木)

青森の十和田観光電鉄、鉄道を来年3月廃止
十和田市―三沢間、バスに切り替え

2011/10/11付
保存
共有
印刷
その他

十和田観光電鉄(青森県十和田市、白石鉄右エ門社長)は11日、十和田市と三沢市を結ぶ鉄道路線を来年3月末に廃止し、バスに切り替えると発表した。少子高齢化が進んで利用者が減り赤字が続いていた。昨年12月に十鉄線と接続駅がない東北新幹線が延伸開業したため、乗客減に拍車がかかり鉄道存続が難しいと判断した。

十鉄線は十和田市駅―三沢駅の11駅、14.7キロメートルを結ぶ。輸送人員はかつて年100万人を超えていたが、2010年度は45万9000人に減った。現在の利用者は学生が大半だ。沿線3市町は今月初め、十和田観光電鉄が求めていた財政支援に応じられないとの考えを伝えていた。

十和田観光電鉄は国際興業グループ。現在はバスや観光が事業の中心になっている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報