トップ > 特集 > 復興に向けて > 記事

「水産業を成長産業に」 加工品で魚の町再生
震災2年半、被災地産業の今(2)

(1/2ページ)
2013/9/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 東日本大震災の被災地で地元の企業が失ったものは多い。工場など目に見える物だけを復旧させても、人材や企業ブランド、販売先を取り戻さなければ震災前の営業活動には戻らない。見えざる企業価値をどう回復させるか。被災企業は挑戦を続けている。

10日午前、晴れ渡った宮城県気仙沼市。海が見渡せる商業施設「気仙沼お魚いちば」の駐車場は大型観光バスが隊列をなしていた。店内のレジカウンターにはカゴを片手に訪問客が長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]