再生エネ研究、福島に集結 大学・企業・産総研が連携

2012/8/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福島県内の大学と行政、企業が連携する再生可能エネルギーの研究開発が9月に始まる。県内の大学が得意とする地中熱や風水力、廃熱発電、IT(情報技術)の技術に次世代太陽電池技術を組み合わせ、新世代のエネルギーシステムの実用化を急ぐ。関連産業を集積できるかどうかに産業復興の成否がかかる。

■全体会議で交流

研究に加わるのは産業技術総合研究所(産総研、つくば市)と福島大学(福島市)、日本大学工学部(郡山市)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]