/

この記事は会員限定です

香川の讃岐うどん店、アジア進出 現地の嗜好にも対応

[有料会員限定]

讃岐うどんの本場である香川県のうどん店が相次ぎ、シンガポールや台湾などアジアに進出している。アジアへ出る日本企業が増え、本格的な讃岐うどんを求める声に対応する。現地の好みに合わせた味付けにするなど受け入れやすいよう工夫もする。国内の競争激化やうどん需要の伸び悩みもあり、海外に活路を求める。

たも屋(高松市)はシンガポールやインドネシアなどで今後3年以内に10店程度新規出店する。同社は3月に初めて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り474文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン