/

この記事は会員限定です

食品商社のシュタープ、新潟市南区に拠点 鶏卵配送を速く

[有料会員限定]

食品商社のシュタープ(新潟市、小式沢紘社長)は物流拠点を新設する。本社に併設した物流拠点が手狭になったため、高速道路へのアクセスが良い新潟市の国道8号沿いに増設。県内各地を結ぶ物流の効率化を図る。同社の主力商品である鶏卵の取扱量を増やし、2億円程度の売り上げ増につなげる。関東圏での配送事業拡大も視野に入れる。

新潟市南区で300坪ほどの敷地を取得し、1億2000万円を投じて物流拠点を設ける。同社は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン