アップル製品利用法、カフェで説明 エスツー

2010/8/7付
保存
共有
印刷
その他

アップル製品の使い方を教えます――。IT(情報技術)関連事業を手掛けるエスツー(仙台市、須藤晃平社長)は8日、JR仙台駅前にiPhone(アイフォーン)などアップル製品の使い方を学べるカフェを開店する。店名は「APPLE EGG CAFE」。アップルの直営店以外で同様のサービスを提供する施設は東北で初という。

研修を受けた従業員が製品の機能や使い方を教える。活用法を詳しく知りたいという希望者には有料で講習も行う。料金は1時間1500円を予定。保護ケースなど付属品を販売するほか、端末を無料で充電できる設備も備える。カフェ店内の飲食物は有料。

エスツーはiPhoneとiPad(アイパッド)を訪問販売できる権利を持っており、購入者へのアフターサービスの拠点としても活用する。故障した製品の修理などを受け付ける。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]