/

仙台市営地下鉄、29日に全線再開へ 予定より1カ月早く

仙台市は6日、市営地下鉄南北線について29日の全線再開を目指すと発表した。当初5月末に復旧としていたが、東日本旅客鉄道(JR東日本)や東北運輸局の助言を受けて損傷箇所の工事方法を見直したところ1カ月の短縮が可能になったという。

南北線はすでに全体の約8割に当たる区間で運行を再開しているが、残りの台原―泉中央駅間は高架部などに損傷があり修復工事を行っている。仙台市の調査では高架部の橋脚50本にひびが入っているほか、駅の屋根を支える柱にも損傷があった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません