/

この記事は会員限定です

サッカーの聖地が被災地救う 原発作業の今

[有料会員限定]

東京電力は2013年1月1日、福島復興本社を福島第1原子力発電所で起きた事故収束の前線基地となっているJヴィレッジ(福島県楢葉町)に立ち上げる。原発事故による賠償や除染、復興支援などの現地対応に当たる。廃炉や除染の完了までには最短でも30年。福島復興の新たな拠点になる。

「事故現場に最も近く、県民のニーズに最も適しているところとして場所を選んだ」。

原発作業員3000人の拠点

福島復興本社の代表に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2560文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン