畳メーカー大手のキツタカ、いわきでイグサ栽培

2012/9/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

畳メーカー大手のキツタカ(東京・大田、橘高勝人社長)は福島県いわき市で畳の原料となるイグサの栽培に参入する。農業生産法人を設立し、5年後をめどに同社が現在農家などから仕入れる畳表の半分を自社で生産することを目指す。近年国内外でイグサの生産量が急減していることに対応。自社栽培により、需要量の確保と仕入れ価格の高騰に備える。

既にいわき市勿来地区の広さ20アールの田んぼで試験栽培を開始。8月下旬に畳…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]