首都高「予想超える使用で劣化激しく」 調査委
年末に建て替えなど提言へ

2012/3/5付
保存
共有
印刷
その他

首都高速道路会社が首都高の大規模更新のあり方に関する議論に着手した。5日に有識者による大規模更新に関する調査研究委員会(委員長・東京都市大涌井史郎教授)が開かれ、涌井委員長は終了後の記者会見で、首都高の現状について「予想を超える使用状況で劣化が激しくなっている」との認識を示した。委員会は建て替えや大規模更新が必要な箇所を抽出し、年末に提言をまとめる予定だ。

首都高の総延長は約300キロメートルで、トンネルや高架橋が約9割を占めるのが特徴。都心環状線や羽田線、横羽線など築40年以上の構造物が約90キロメートルあり、全体の約3割に上る。最も古い区間は芝浦―京橋間で、1962年開通だ。64年の東京五輪開催を契機に整備を本格化した。築30年以上まで含めると全体の5割近くを占める。

首都圏の物流の大動脈である首都高は大型車の通行が多い。2005年度の道路交通センサスによると、大型車の断面交通量は、他の高速道路(国道)の2.5倍で、道路の傷みも深刻だ。橋脚の亀裂や路面の接続部の損傷などが増えており、09年度末で補修されていない損傷箇所は約9.7万件に上る。膨らむ損傷に補修作業が追いつかず、損傷箇所は02年の2.7倍に増加した。

都心環状線は完成から40年以上が経過(同線の浜崎橋ジャンクション)

都心環状線は完成から40年以上が経過(同線の浜崎橋ジャンクション)

涌井委員長は「健康状態を確かめたうえで、薬で治るか手術が必要かを決める」と話し、委員会の議論を通じて更新規模を検討する考えを示した。橋本圭一郎社長は「事業費に予断は持っていない」と述べるにとどめた。

国土交通省の有識者委員会は昨年12月に公表した「今後の高速道路のあり方」中間とりまとめで、首都高などの都市高速道路について「更新する場合、まちづくりと一体とするなど、都市改造や防災の視点から思い切った計画を立案することも検討すべきである」と指摘している。橋本社長は「我々も全く同じ考えだ」として、都市景観や首都直下地震に配慮しながら更新議論を進める考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]