2018年11月17日(土)

神奈川県、EV補助枠を再拡大 180台追加し1030台に

2012/1/5付
保存
共有
印刷
その他

神奈川県は個人や事業者を対象とした電気自動車(EV)の補助金の募集台数を従来の850台から1030台に拡大する。先月5日に拡大したばかりの募集枠が年末までにほぼ一杯となったことから再拡充する。EVの蓄電機能への評価の高まりや自動車メーカーの新車種発売が需要を喚起している。

募集枠を拡大するのは「電気自動車導入補助金」で募集期限は31日まで。日産自動車の「リーフ」や三菱自動車の「アイ・ミーブ」などが補助の対象。補助金の上限額は車種ごとに異なる。新たな予算措置はせず、部局内の余った予算を活用する。

昨年3月の東日本大震災後の電力不足で4~9月の申請件数は354台にとどまった。ただ昨秋以降申請件数が拡大。11~12月の2カ月で385台の申請があった。

県内を走るEVは昨年9月末に1600台程度で「年度内に2000台達成は確実」(県交通環境課)という。県は2014年度までに3000台のEV普及を目指している。目標を前倒しで達成する可能性が高まっている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報