/

京王電鉄、新宿―橋本の直通特急復活 早朝も増発

京王電鉄は2013年2月22日に大幅なダイヤ改正を実施する。京王線では新宿に向かう平日早朝の特急を増発し、相模原線には新宿―橋本間の直通特急を復活させる。特急の新設など大がかりなダイヤ改正は01年以来、12年ぶりとなる。

京王線では新宿駅に平日午前7時半までに到着する特急・準特急(現在は準特急のみ)を2本増やし6本にする。東日本大震災以降、省エネで始業時間を繰り上げる企業が増え、出勤前に勉強会などに参加する「朝活」の広がりもあって早朝の特急増発を望む声が高まっていた。

京王線は今年8月のダイヤ改正で「特急」の運転がなくなり「準特急」が最速列車となっている。来年2月には「特急」が名実ともに復活。北野と、南武線との乗換駅の分倍河原を新たに特急停車駅とする。

調布―橋本間の相模原線では新宿までの直通特急を運転する。これまでは急行が直通運転していたが、新宿まで急ぐ乗客は途中の調布駅で特急に乗り換えていた。相模原線に特急が復活するのも12年ぶり。

井の頭線は平日午前7時半までに渋谷駅に到着する急行を2本新たに設ける。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン