2017年11月22日(水)

シーワールドやマザー牧場…千葉県が補助、無料に 5000人分

2011/8/3付
保存
共有
印刷
その他

 千葉県は鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)など県内の主要観光施設の入場料を無料にする。1人4施設まで無料となるチケットを5000人分用意した。県が1000万円の予算を用意し、1000円を上限に入場料の半額を補助して、残りを各観光施設が負担する仕組み。県によると、県の補助金を使った観光施設の無料化は初めて。東日本大震災で落ち込んだ観光業を支援する。

 無料の対象は鴨川シーワールドやマザー牧場(富津市)、東京ドイツ村(袖ケ浦市)、DIC川村記念美術館(佐倉市)など民間の観光施設が16施設と、県立美術館(千葉市)など9カ所の県有施設。

 JTBや日本旅行など大手旅行会社で県内の宿泊ツアーを申し込んだ旅行者への特典として2500人分を用意した。県のイベントの景品として1500人分、広報誌「ちば県民だより8月号」の抽選で1000人に配布する。チケットは9月30日まで有効。

 県観光課によると、6月上旬に県内数十カ所の観光、宿泊施設に現状を聞いたところ、観光施設の利用者は前年に比べて3割強、宿泊施設では2割強、いずれも減少している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

鴨川シーワールドマザー牧場日本旅行JTB



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報