2019年1月22日(火)

山形銀、山形大発ベンチャーに投資 有毒物質の無害化事業で

2014/7/1付
保存
共有
印刷
その他

山形銀行は1日、山形大学発ベンチャーのアプリザイム(山形県米沢市)と投資契約を結んだと発表した。有毒物質のポリ塩化ビフェニール(PCB)を微生物で無害にする事業に取り組む同社を支援する。ファンドを通じ3000万円を投資する。リスクマネーで新産業を育てる。

山形銀が野村ホールディングス子会社と設立した10億円のファンドを使う。同ファンドは2013年から10年間を投資期限に設定している。投資先は人工クモ糸製造のスパイバー(同県鶴岡市)に次ぐ2例目。

同日、山形市内で会見した長谷川吉茂頭取は現在約40社の投資候補と交渉中だと明かした。「リーマン・ショック以降、10年後の山形県の成長発展にどう寄与するかを考えている」と話し、長期でのリスクマネーを提供する考えを強調した。

アプリザイムは油圧機器大手のKYBと、微生物を使った装置を車両で持ち運びPCBを処理する事業開発に着手した。新国時生社長は「2020年に上場を果たしたい」と話し、海外展開にも意欲を示した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報