/

この記事は会員限定です

仙台のホテルなお高稼働 3月は87.8%、震災前水準上回る

[有料会員限定]

仙台市内ホテルが東日本大震災以降、高稼働を続けている。日本経済新聞社の調査で、仙台市内主要10ホテルの3月の平均客室稼働率は87.8%と9割に迫った。震災1年の前年同月と比べると3.3ポイント低下したが、震災前の10年3月を10ポイント以上上回る。異動期に伴う宿泊需要や震災2年の追悼式典などで仙台を訪れる宿泊者が増えた。

ホテルメトロポリタン仙台は90.3%。前年同月比約2ポイント低下したが9割を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り243文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン