/

「じもとHD」が発足 仙台銀・きらやか銀統合会社

きらやか銀行と仙台銀行の共同持ち株会社「じもとホールディングス(HD)」が1日、発足した。同社の会長に就任した三井精一・仙台銀頭取は1日午前、仙台市内で記者会見し「被災地の事業者の支援や復興に力を合わせて取り組む」と話した。

新会社のじもとHDは同日、東証1部に上場した。両行とも金融機能強化法に基づく公的資金の注入を受けており、12月に予定する追加注入後、統合会社としての注入額は600億円と東日本大震災の被災地で最大規模になる。

両行は2010年に経営統合の交渉を始めたが、震災の影響で予定より1年遅れでの統合となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン