2019年1月23日(水)

「筑波銀行」と新「関西アーバン銀行」が発足

2010/3/1付
保存
共有
印刷
その他

茨城県と近畿一円をそれぞれ地盤とする地方銀行2行が1日付で発足した。関東つくば銀行と茨城銀行が合併した「筑波銀行」は茨城県つくば市の本部ビルで、関西アーバン銀行とびわこ銀行が合併した「関西アーバン銀行」は大津市のびわこ本部で営業開始の式典を開催。新頭取が収益力向上や取引拡大に向け意欲を示した。

筑波銀の初代頭取には旧関東つくば銀の木村興三頭取が就任した。木村頭取は「合併によるシナジー効果で、営業経費を約20億円削減するなど早期に強力な収益力を身に付けたい」とあいさつ。新銀行の預金規模は単純合算で1兆9600億円超、貸出金残高は約1兆5000億円となる。

新しい関西アーバン銀の預金残高は譲渡性預金を含め約4兆1500億円、貸出金残高は約3兆5800億円。店舗網は京都府、滋賀県から和歌山県、兵庫県・淡路島までカバーする関西の広域地銀となる。

同日、新銀行の頭取に就任した北幸二・旧関西アーバン銀頭取は式典で「琵琶湖が関西の水がめのマザーレイクであるように、関西におけるマザーバンクとなりたい」と述べた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報