/

この記事は会員限定です

三菱商事、非資源で成長 大合同60周年 小林社長に聞く

[有料会員限定]

三菱商事が7月1日、戦後の財閥解体後に再び大合同してから60周年を迎える。これを機にインタビューに応じた小林健社長は、今後も世界規模で事業投資を進めて、新たな収益源を育てる考えを強調した。

――2020年ごろに資源の持ち分生産量と非資源分野の純利益をそれぞれ12年度比で倍増する目標を掲げています。

「資源は計画通りに投資をすれば17~18年ごろに生産量が増え、達成できる。コスト削減のための効率化投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン