/

この記事は会員限定です

賢者は逆境を活かす 過疎のバス、ITで再生

[有料会員限定]

人口約3200人の埼玉県東秩父村で、IT(情報技術)をフル活用した地域振興策が進む。仕掛けたのは同県川越市に本社を置く中堅バス会社のイーグルバスだ。

観光施設のそばに「ハブ停留所」をつくり、ツアー客の乗り継ぎ向上へ村営バスと路線を統合。コンビニエンスストアなども整える。「街づくり」に近い大がかりな構想を描ける背景には赤字路線の再生に威力を発揮したITシステムがある。

乗降口にセンサーを取り付け「ど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン