/

三菱自、四駆スポーツ車「ランエボ」生産終了へ

三菱自動車は28日、四輪駆動のスポーツ車「ランサーエボリューション」の生産を終了する方針を明らかにした。現行の10代目を最後に全面刷新はしない方向だ。同車で培った四輪制御技術などをプラグインハイブリッド車(PHV)など主力のエコカーに生かす。

初代モデルは1992年の発売で「ランエボ」の呼び名でファンを得た。ライバルの富士重工業の「インプレッサ」と並びラリースポーツで活躍したことで人気を高めた。日欧米、豪、アジア、中東、南米など世界各地で販売し、累計販売は15万1000台。

水島製作所(岡山県倉敷市)で生産していたが、燃費志向の高まりの影響などで2013年の販売台数は3500台と低迷していた。三菱自は収益拡大に向け開発車種数を絞り込んでいる。今後はセダン系の新車開発を縮小。多目的スポーツ車(SUV)やPHVなどのエコカーに注力する方針を掲げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン