/

この記事は会員限定です

外食・ホテル、食品偽装表示の対策急ぐ 相談センター新設

[有料会員限定]

食品の偽装表示問題をうけ消費者庁が28日にメニュー表示のガイドラインを発表した。外食やホテル各社は食品の適正表示に向けた対策を強化。ガイドラインを周知徹底することで消費者の信頼回復につなげる。

外食店が加盟する日本フードサービス協会(東京・港)は、4月にも会員企業や消費者からの表示に関する問い合わせに対応する相談センターを新設する。日本ホテル協会(東京・千代田)は消費者庁と連携した勉強会の開催を検...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン