/

ファミマ、全農のAコープと複合店展開 3年で30店

ファミリーマートは28日、全国農業協同組合連合会(JA全農)とスーパーとコンビニエンスストアの複合型店舗を展開すると発表した。31日に1号店を愛媛県伊予市に開き、今後3年で30店まで増やす計画。弁当などコンビニで扱う通常の商品に加え、生鮮食品なども販売する。

JA全農が手掛けるスーパー「Aコープ」とコンビニの複合店とし、店名は「ファミリーマート+Aコープ」とする。1号店の店舗面積は約360平方メートルとなり、通常のコンビニ(約200平方メートル)より一回り大きくなる。店内で食事ができるイートインスペースも設け、24時間営業する。

複合店では地元の生産者が野菜を並べる直売コーナーを設けるほか、JA全農ブランドの加工食品などを扱う。JA全農とは商品の共同開発などにも取り組む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン