/

この記事は会員限定です

富士通、太陽光発電を遠隔監視 まず賃貸住宅向け

[有料会員限定]

富士通は太陽光発電の遠隔監視サービスに参入する。発電量を逐次検知し、異常が発生したとみられる場合には顧客にメールで通知する。迅速に点検・修理することで発電のロスを減らせる。まず賃貸住宅などの屋根を使って発電を手掛ける企業向けに提供する。

まず5月にレオパレス21の賃貸住宅1500棟に導入した。富士通は初期費用と月々のサービス料を得る。2年間で5千棟への導入をめざす。初期費用とサービス料の累計で2年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン