2017年11月18日(土)

中国・春秋航空、関空路線を大幅拡充

2014/5/28付
保存
共有
印刷
その他

 中国・上海を拠点とする格安航空会社(LCC)の春秋航空は28日、7月後半から関西国際空港と天津、重慶、武漢を結ぶ路線を就航すると発表した。燃油サーチャージなどを含まない片道の運賃は天津、武漢線が6800円から、重慶線が8500円からを予定。3月に関空―上海線を就航して現在は週7便だが、新規路線に加え、上海線も増便して7月に週21便体制とする。

 同日に大阪府内で記者会見した同社の張武安市場部長は「関空と中国の20カ所以上の路線を計画している」と述べた。具体的には同社がハブにしている深圳や瀋陽、石家荘のほか、人口の多い西安、大連、杭州などを挙げた。

 また国際的なパイロット不足に関して同社では自社の訓練センターを8月に開設しており「これからの事業展開でもパイロットでは困らない」と述べた。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

春秋航空LCC



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報