/

中国・春秋航空、関空路線を大幅拡充

中国・上海を拠点とする格安航空会社(LCC)の春秋航空は28日、7月後半から関西国際空港と天津、重慶、武漢を結ぶ路線を就航すると発表した。燃油サーチャージなどを含まない片道の運賃は天津、武漢線が6800円から、重慶線が8500円からを予定。3月に関空―上海線を就航して現在は週7便だが、新規路線に加え、上海線も増便して7月に週21便体制とする。

同日に大阪府内で記者会見した同社の張武安市場部長は「関空と中国の20カ所以上の路線を計画している」と述べた。具体的には同社がハブにしている深圳や瀋陽、石家荘のほか、人口の多い西安、大連、杭州などを挙げた。

また国際的なパイロット不足に関して同社では自社の訓練センターを8月に開設しており「これからの事業展開でもパイロットでは困らない」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン