/

この記事は会員限定です

変化早いデジタル技術 主役企業、瞬時に交代

[有料会員限定]

アナログと違って進化の速いデジタル技術は陳腐化しやすく、製品、メーカーともに瞬く間に主役が交代する。テレビやパソコンがその象徴だ。

世界初の20型液晶テレビの登場は1999年。開発したシャープは液晶の大型・薄型化をけん引し、2008年には世界出荷台数でブラウン管と逆転した。

シャープの栄華もつかの間だった。サムスン電子など韓国勢が液晶の巨額投資に踏み切るとシェアが低下し経営危機に陥った。韓国勢など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り698文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン