/

「アナと雪の女王」興行収入200億円突破 歴代4位

ウォルト・ディズニー・ジャパン(東京・目黒)は27日、アニメ映画「アナと雪の女王」の興行収入が200億円を突破したと発表した。2001年公開の「ハリー・ポッターと賢者の石」以来の200億円超えで、国内の歴代興行収入で4位に入った。

アナと雪の女王は3月14日の公開。主題歌「Let It Go~ありのままで~」の人気も追い風となり、公開から2カ月半で200億円に達した。国内の興収記録では「千と千尋の神隠し」(304億円)「タイタニック」(262億円)「ハリー・ポッターと賢者の石」(203億円)に続く。

シネマコンプレックス(複合映画館)各社は4月、消費増税を受けシニア料金などのサービス価格を100円値上げした。増税によるレジャー控えで客数減の不安もあったが、アナと雪の女王の大ヒットで各社の業績は軒並み好調だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン