ホンダのスーパーカブ、立体商標に 乗り物で国内初

2014/5/26付
保存
共有
印刷
その他

ホンダは26日、1958年生まれの二輪車「スーパーカブ」の形状が立体商標として登録されることが決まったと発表した。特徴的な米コカ・コーラのガラス瓶などと同じように形だけで製品を識別できると認められた。乗り物では国内で初めて。ホンダはデザインの独自性が認められたとして、ブランド力の向上や模倣品の防止に期待する。

立体商標として登録が認められたホンダの「スーパーカブ」

立体商標として登録が認められたホンダの「スーパーカブ」

スーパーカブはホンダ創業者の本田宗一郎氏が開発を指揮。今年3月までの販売台数が世界で累計8700万台に達するヒット商品だ。現在の主力市場は東南アジアだが、国内でも郵便や新聞の配達に使われている。白いフロントカバーや大口径のタイヤが特徴だ。

特許庁が立体商標登録を認める審決を下した。細かな変更点はあるものの基本デザインは50年以上変えておらず、消費者が形で製品を識別できると認めた。ホンダによると審決は同社の主張に沿った内容で「形状自体のブランド化が認められた」(別所弘和・知的財産部長)としている。

今後は模倣車の輸入などを防げるが、海外での模倣車の流通を直接防ぐ効力はない。立体商標制度がある国々での登録出願について、ホンダは「具体的な計画はないが可能性はある」(同)と含みを残した。国内で登録するだけでも一定の抑止効果はあるとみている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]