/

宝酒造、スペインの日本食材卸会社を買収 28億円で

宝酒造は26日、スペインの食品卸会社コミンポート・ディストリビューション(マドリード市)を買収したと発表した。子会社を通じ、親会社のコミンポート(同)から全株式を25日付で取得した。買収額は2千万ユーロ(約28億円)。宝酒造は日本食材の輸出を成長事業の一つに位置付けている。買収で欧州事業を拡大し、収益増を狙う。

コミンポート・ディストリビューションはスペインとポーランドに拠点があり、両国の日本料理店に米やみりん、日本酒などの日本食材を販売している。2013年12月期の連結売上高は約2093万ユーロ(約29億3千万円)だった。

宝酒造は日本食材の輸出強化に向け、欧米企業へのM&A(合併・買収)を加速している。今回の買収を含めて欧州ではフランスや英国、イタリアなど7カ国に進出済み。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン