/

電力値上げで困窮する電炉 需要あるのに廃業組も

原子力発電所の稼働停止や原油価格の高止まりで上昇傾向が続く電力料金。豊富な電力を基に伸びてきた製造業がここにきて悲鳴を上げている。とりわけ安価な夜間電力を主に利用してきた電炉業界の収益を料金値上げが直撃。事業撤退を選択する企業も出てきた。中期的な電力値上げが見込まれるなか、業界からは省エネ設備の導入にとどまらず、抜本的な対策の必要性を訴える声も出てきた。

異業種11団体が結集し陳情

電力値上げが製造業に及ぼす影響
業界団体主な製品コスト
負担増
新金属協会多結晶シリコン、シリコンウエハー140億円
日本鉱業協会亜鉛、ニッケル合金86億円
日本ソーダ工業会カセイソーダ51億円
日本チタン協会チタン24億円
日本金属熱処理工業会自動車部品29億円
日本鋳造協会自動車部品83億円
日本鋳鍛鋼会自動車部品80億円
普通鋼電炉工業会鋼材179億円
日本鉄鋼連盟特殊鋼会ステンレス製品69億円
日本産業・医療ガス協会酸素、アルゴンなど工業ガス109億円

(注)各業界が試算。現時点で値上げを実施または表明した電力会社の管内における購入電力量に、それぞれの値上げ額を乗じて算出。ただし新金属協会は全国の電気使用量に東京電力の特別高圧契約料金の値上げ額を乗じた。

5月下旬、東京・霞が関の経済産業省庁舎に鉄鋼や産業ガス、非鉄金属精錬などを手掛ける業界11団体の会長らが集った。携えていたのは陳情書。磯崎仁彦政務官に向かい「電力を多く使う産業がこれ以上事業撤退や縮小に追い込まれることのないよう、即効性のある対策を」と声を上げた。

普段は一堂に会することの少ない異業種を結びつけたのは、電力値上げへの危機感だ。陳情書には原発の再稼働や再生可能エネルギー固定買い取り制度の見直しなどを訴える文言が並んだが、併せて全国の電力各社が実施した電力料金引き上げが各業界に及ぼした影響や、各業界の電力コストの増加幅について試算も盛り込んだ。

この中で最も増額幅が大きかったのは電炉業界の179億円。試算をまとめた普通鋼電炉工業会(東京・中央)によると、値上げを表明した東京電力など6電力会社の管内に工場を有する会員企業にとって、2012年度経常利益合計の2.2倍に相当するのだという。

電気炉で鉄くずを溶かし鉄を再生する電炉業界にとって電力は生命線だ。業界各社の粗鋼生産量は13年に前年比ほぼ横ばいの2491万トンで11年以降横ばいが続く。全国の電力会社から購入する電力は年間約97億キロワット時に達する。景気回復や公共事業の増加に伴い土木・建築に使う鋼材の需要が一定量あるなかで生産水準を維持し需要に応えるには、電力使用量を抑制するのは難しい。

電炉各社も手をこまぬいているわけではない。朝日工業も電気炉で製造した中間原料を圧延する設備を増強し、より低温でも加工可能とした。中間原料を再加熱する際の燃料使用量を抑制できるという。特殊鋼メーカーの大同特殊鋼も13年以降、高効率な電気炉の導入や製造工程の見直しに着手。製鋼コストの1割削減を目指す。

構造問題解消の引き金に?

だがこうした取り組みを試みるのは業界上位の企業が中心。既に省エネ設備を投じてきた大手は「これ以上の消費電力量削減は限界に近い」(電炉工業会)。収益が悪化し投資余力も少ないことから事業撤退を選ぶ電炉企業も出てきた。旧新日鉄系の老舗、新北海鋼業(北海道小樽市)は今年3月末の廃業を決めた。

電力料金高騰によって国内から産業が消えた先例はある。1970年代以降、非鉄各社は電力価格高騰を背景にアルミの国内精錬から撤退した。「電炉は国内で発生する鉄スクラップの再生を担っている。これ以上の電力値上げは資源循環システムの危機につながる」。業界の訴える声は大きい。

一方で「電力コスト増が業界の構造問題解消の引き金になるのでは」との観測も出てきた。業界の生産能力は総計約4000万トンに達しており、足元の稼働率は約6割にとどまる。国内の鋼材需要が今後大きく伸びる見通しがないなかで設備の維持管理コストは各社にとって重荷になっている。操業度を高めれば電力使用量は増すものの原価率を押し下げることは可能だ。各社がもう一段の知恵を絞る余地はないか、電力料金上昇が業界に投げかける問いは重い。

(企業報道部 林さや香)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン