サンプル品を激安価格でお試し 協賛企業殺到のなぜ

2014/3/30 7:00
保存
共有
印刷
その他

情報サイト運営のオールアバウトの子会社、オールアバウトライフマーケティング(東京・渋谷)が展開するサンプル品などのお試しサービス「ちょっプル」が好調だ。消費者は食品や飲料、日用品などのサンプルや新商品を通常の半額以下の費用で試すことができる。企業側にもサンプルを提供するだけで、商品の特徴を効率よくアピールできる利点がある。

2月28日、東京都内のホテルで開かれたイベント。主婦やOL約1000人が食品や日用品などの新商品を次々と試している。メーカーの担当者の説明も聞きながら、それぞれスマートフォン(スマホ)でソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などに感想を書き込んでいく。ちょっプルが年に4~5回、会員向けに開催しているリアルイベントの光景の1コマだ。

通常はネット通販のような形で利用することができる。ちょっプルのサイトにはメーカーから無償提供された商品が一覧で表示される。消費者は会員登録をすると、その商品を半額以下の値段で購入することが可能だ。購入した商品は自宅などに配送してもらい、実際に食べたり使ったりできる仕組みだ。サイトでは常時100~150品目を扱っている。

無料提供するメーカーにとっては、新商品の浸透がはかれる利点がある。サイトに掲載する商品は飲み物なら24本セットなどまとめ買い形式の商品を中心としており、購入者は知人など2~3人におすそ分けをする例が多い。1度お試しした商品を再び買う利用者の再購入率は2~4割にも上るという。

利用者は購入した商品に感想などのコメントを投稿することができる。メーカー側にとってもそのコメントは参考になる。「容器を変えたほうがいい」などの感想があれば、メーカーは次の商品刷新時期に意見を採り入れることもできる。「ある調味料では新しい使い方が寄せられ、店頭販売の際に販促を仕掛けたこともある」(オールアバウト)

ちょっプルにはこれまで大手食品メーカーなど330社が参加。従来、企業が新商品などを消費者向けにウェブを使ってサンプルを配る場合、配送料やサイトへの掲載料が必要だった。商品を無償提供するだけなので、費用面でも負担は軽くて済むのが特徴だ。

ちょっプルの会員数は現在約72万人。うち8割以上を女性が占める。オールアバウトの調査によると、ちょっプルで商品を試した人の7割近くがほかの人に商品を薦めた経験があるという。女性の口コミを中心に大きな波及効果が期待できるサービスだ。2013年度の売上高は前年同期比で2割増といい、順調にサービスが拡大している。(名古屋和希)

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]