/

3割が「バイト確保できず」 リクルート人手不足調査

リクルートホールディングスが24日発表した人手不足の実態調査で、2014年4~6月にアルバイトやパートの採用を試みた企業のうち3割が予定人数を確保できなかったことが分かった。景気回復で正社員の求人が増えており、小売業や飲食業でバイトやパートの採用が難しくなっている。人材を確保するために27%の企業が募集時の時給を引き上げていた。

バイトやパートを確保できなかった企業の割合は、小売業が44%で最も高く、飲食サービス業が42%で続いた。運輸業や医療・福祉でも人手不足感が強い。「サービス業で働いていた非正規社員が、事務職の正社員などに転職する動きがある」(リクルートワークス研究所の戸田淳仁研究員)という。

バイトやパートの不足で、約6割の企業が事業に影響が出ていると回答。11%は「深刻な影響が出ている」と答えた。人手不足が解消する見通しがないとする企業は53%に達した。

調査は6月下旬に全国の従業員30人以上の企業を対象に実施し、1000社から回答を得た。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン