/

この記事は会員限定です

ドコモ、インド携帯事業から撤退 出資の持ち分売却へ

[有料会員限定]

NTTドコモはインドの携帯電話事業から撤退する方向で最終調整に入った。現地大手のタタ・テレサービシズ(TTSL)の出資持ち分約26%を売却する。ドコモは2009年にTTSLに約2600億円を出資しインド市場に参入したが、赤字基調が続いていた。海外事業の中核と位置付けたインドからの撤退により、成長戦略の練り直しを迫られそうだ。

TTSLに共同出資するインドの財閥大手、タタ・グループに保有全株式を売却...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り451文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン