夏のボーナス5.9%増、6年ぶり80万円台 本社調査

2014/5/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社が24日まとめた2014年夏のボーナス調査(中間集計)によると、全産業の平均支給額は13年夏比で5.92%増の81万8340円と6年ぶりに80万円台に回復した。円高修正を追い風に業績が好調な鉄鋼や自動車・部品など製造業の支給増が目立つ。主要企業のボーナス増は、消費増税で減速している個人消費に対して一定の押し上げ効果が見込めそうだ。

調査は上場企業など有力企業が対象で、前年との比較可…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]