/

この記事は会員限定です

エナジー飲料市場が覚醒 UCCと常盤薬品、若者に人気で参入

[有料会員限定]

食品・飲料メーカー各社がカフェインなどを含み、爽快感を味わいたいときや眠気覚ましなどに向く「エナジードリンク」に相次ぎ参入する。UCC上島珈琲は5月に同社初の製品を発売し、常盤薬品工業は10月から全国販売を始める。エナジードリンクは従来型の栄養ドリンクを飲む習慣がない若者層に受け入れられ、飲料市場で新たな分野を確立している。

エナジードリンク市場は急拡大している。調査会社の富士経済(東京・中央)に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り769文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン