/

この記事は会員限定です

ネスレ日本、呼称問題で業界団体脱退 「インスタント」変更

[有料会員限定]

ネスレ日本は8月下旬、127社が加盟する業界団体の全日本コーヒー公正取引協議会を脱退する。昨秋にネスレが発売したコーヒー豆の微粉末が入った新製法の即席コーヒーについて、同社の「レギュラーソリュブル」という表示は誤解を招くとして協議会が認めないと決めたため。「従来のインスタントコーヒーとは違う」と主張するネスレと、協議会の溝は埋まらなかった。

同社の高岡浩三社長が会長を務める日本インスタントコーヒー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン