/

サントリー、30日付でビームを完全子会社化

米蒸留酒最大手のビームは22日、4月30日付でサントリーホールディングス(HD)による全株式の取得手続きが完了する予定だと発表した。欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会が22日、サントリーHDのビーム買収を承認したことを受けた措置。ビームは完全子会社化を機に社名を「ビームサントリー」に変え、グループ全体の蒸留酒部門を担う。

サントリーHDは買収で蒸留酒の世界10位から3位に浮上する。売上高も単純合算で3000億円超が上乗せされる。2014年12月期の連結売上高は2兆4千億円規模と、キリンホールディングスを抜いて国内の飲料トップに立つ見通し。

ビームは世界最大のバーボンウイスキー「ジムビーム」やスコッチウイスキーの「ラフロイグ」で知られ、新興国も含め世界に販売網をもつ。

サントリーHDは総額160億ドル(1兆6400億円)で買収することで1月にビームと合意した。米連邦取引委員会(FTC)からは買収の承認をすでに得ており、欧州で審査を受けていた。

(ブリュッセル=御調昌邦)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン