/

大和ハウス、注文住宅をCGでお試し 日当たり変化も再現

大和ハウス工業は26日、顧客が希望する注文住宅を疑似体験できる施設を東京本社(東京・千代田)に設ける。メガネ型のディスプレーを付けると、間取りを再現したCG(コンピューターグラフィックス)映像が前面に映し出される。完成した家を歩き回っているような「試住」体験ができる。

新設する施設は「TRY家Lab(トライエ・ラボ)」。専用スタジオに複数のセンサーが付いており、人の動きにあわせてCG映像が変化する。寝室や居室など部屋ごとに画面を切り替えられるほか、季節や時間帯による日当たりの変化も再現できる。

全国の営業所で利用予約を受け付ける。大和ハウスは希望の間取りを確認し、来場者に3Dプリンターで作成した100分の1サイズの住宅模型を贈呈する。

将来予想される地震の揺れを体験したり、断熱性能などの効果を学んだりするコーナーも設ける。年間5000人の来場を見込む。今後、全国の主要都市に同様の施設をつくることも検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン