/

東電、全国で電力小売りを発表 まず関西・中部で営業

東京電力は22日、10月から全国で電力の小売りを始めると正式発表した。全額出資子会社のテプコカスタマーサービス(東京・江東)を22日付で新電力事業者として登録し、まず関西や中部で営業を始める。東京に本社を置く大企業の地方拠点などに購入を促し、他の大手電力よりも数%安い料金で販売する。

電力業界は2016年の全面自由化をにらみ競争が激しくなっている。大手電力では中部電力や関西電力が従来の供給区域を超えてすでに首都圏での小売りを開始。ガスや石油、通信などの異業種にも参入の動きが広がっている。東電は福島第1原子力発電所事故の賠償や廃炉資金を捻出するための新たな収益源に育てるとともに、自社エリアに参入する各社に対抗する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン