/

この記事は会員限定です

ホテルオークラ、五輪にらみ建て替え 1000億円投資

[有料会員限定]

ホテルオークラは旗艦ホテル「ホテルオークラ東京」(東京・港)を建て替える。2015年8月をめどに老朽化が進んだ本館の営業を休止し、高さが200メートルと80メートルの2棟のビルを建設。19年春の営業再開を目指す。総事業費は約1000億円。20年の東京五輪を控え、訪日外国人客を中心に宿泊需要の伸びが期待できるとみて、建て替えに踏み切る。

今回建て替える本館は前回の東京五輪(1964年開催)の前の62...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン