スーパー出店、4割が小型店 高齢者取り込み
14年度 コンビニとの垣根崩れる

2014/4/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スーパーが都市部で小型店の出店を増やす。主要22社の2014年度の出店数は合計195店で、このうち4割は標準より小さい店舗となる。イトーヨーカ堂は食品中心の店舗を初めて10店以上開き、ダイエーも13年度の2倍以上出店する。都市部でも高齢化が進み、徒歩で行ける店舗のニーズが高まるとみて大型店中心の戦略を見直す。コンビニエンスストアは生鮮品の扱いを増やしており、スーパーとの垣根が崩れつつある。

日本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]