/

「ニコニコ動画」にウイルス感染の恐れある広告

ドワンゴ調査

ドワンゴは20日、インターネットの動画配信サービス「ニコニコ動画」でコンピューターウイルスに感染する恐れがある広告が表示されたと発表した。サイバーエージェント傘下のマイクロアド(東京・渋谷)の広告配信サービスを通じて掲載された。米国の企業が出稿した広告が何者かに改ざんされたのが原因とみられ、ドワンゴは被害規模を調査している。

19日未明から、動画再生ソフト「フラッシュプレーヤー」の更新を促す虚偽の通知が広告に表示された。通知をクリックすると「マルウエア」と呼ぶ、ウイルスをダウンロードするサイトに誘導する状態になっていた。ドワンゴは同日正午までにニコニコ動画につながっている広告サービスとの通信網を遮断し、問題の広告が表示されないようにした。

マイクロアドは複数のサイトに広告を掲載しており、他のサイトでも虚偽の通知が表示された可能性があるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン