/

この記事は会員限定です

規格外米の酒を本格生産 「獺祭」の旭酒造、低価格で販売

[有料会員限定]

日本酒「獺祭(だっさい)」を生産する旭酒造(山口県岩国市)は規格外の酒米を使った酒の本格生産に乗り出す。農産物検査法の基準で規格外となった粒が不ぞろいの「山田錦」を契約農家から仕入れ、低価格の獺祭として来年初めにも発売する。2014年産米で10万本(1.8リットル瓶換算)程度の生産を見込む。

同社は今春、「獺祭等外」の名前で規格外米を使った獺祭を試験的に発売。好評で売り切れた。価格は税抜き125...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン