/

松屋が「プレミアム牛めし」 90円高い380円

松屋フーズは17日、牛丼店「松屋」で「プレミアム牛めし」を22日に発売すると発表した。並盛りで380円。これまでの冷凍牛肉を使った290円の牛めしと異なり、冷蔵し熟成させた牛肉を使ってなめらかな食感にした。少し高くても品質のいい商品を求める消費者の需要を狙う。

22日から販売するのは286店で、月内には関東中心に621店まで広げる。時期は未定だが全973店での販売を目指す。導入店では冷凍牛肉を使った従来の牛めしの販売を終える。

牛肉は冷蔵保存することで熟成が進み、うまみ成分が増すという。プレミアム牛めしには黒ゴマを加えた特製の七味唐辛子を添える。17日に会見した緑川源治社長は「かつて牛丼は安売り競争していたが、アベノミクスで環境は変化した。380円は決して高くない」と述べた。

牛丼大手3社の牛丼並盛りの価格は3月まで280円だった。消費税率の上がった4月にゼンショーホールディングスの「すき家」は270円に値下げし、吉野家ホールディングスの「吉野家」は300円、松屋は290円に値上げして横並びが崩れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン