「まずは動け」 パナソニック復活は本物か(ルポ迫真)

(1/2ページ)
2014/4/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「アジア家電事業の統括本社を現地に置きたい」。2月、大阪府門真市のパナソニック本社で開かれたグループ戦略会議。社長の津賀一宏(57)はこう切り出した。

アジアでの白物家電事業は年間売上高が4000億円規模。テレビ事業と異なり安定して収益を稼いでいる。それでも津賀は日本主導の商品開発に限界を感じていた。役員の間では慎重論が多いが、津賀は押し切った。

「これまでのやり方では連結売上高は8兆円どまり。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]