/

ベネッセ、情報漏洩で顧客に200億円分の補償

原田社長が謝罪

ベネッセHDは17日、顧客情報を持ち出した派遣社員が逮捕されたことを受け、原田泳幸会長兼社長(右)が記者会見を開いた

ベネッセHDは17日、顧客情報を持ち出した派遣社員が逮捕されたことを受け、原田泳幸会長兼社長(右)が記者会見を開いた

ベネッセホールディングス(HD)の顧客情報をコピーして持ち出した派遣社員のシステムエンジニアが17日逮捕されたことを受け、原田泳幸会長兼社長は同日、東京都内で記者会見を開いた。

同社は顧客への謝罪として200億円の原資を準備し、謝罪の物品や受講費の減額など、様々な手法を検討する。

原田社長は記者会見の冒頭で「多くの皆様に心配をかけ、迷惑をかけていることに改めて深くおわびする」と謝罪した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン