/

この記事は会員限定です

三井化学、3Dデータ使い入れ歯など開発

[有料会員限定]

三井化学は歯科材料など医療関連製品の開発を進める。3D(3次元)データに基づいて作る入れ歯を数年後に開発し、その後も目や口、耳に使う製品の素材などの開発を進める。健康医療分野の売上高を2020年に現在より7割多い2千億円に引き上げることが目標だ。

医療関連事業を手掛ける新組織「新HC事業開発室」をこのほど設けた。研究者40人とマーケティングや事業計画を立案する20人を合わせて60人で構成しており、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り258文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン