関電がグループ再編 まず不動産2社統合、合理化加速

2014/5/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力はグループ企業の再編に乗り出す。2014年度中にも不動産子会社の関電不動産(大阪市)とMID都市開発(同)を統合する方針。エネルギー事業との相乗効果が乏しいグループ企業の統合・売却の先駆けとする。関電は14年3月期まで3期連続で最終赤字に陥っている。経営合理化への姿勢を示し、電気料金の再引き上げに理解を求める狙いもありそうだ。

関電不動産は電気工事大手のきんでんなど関電の有力子会社の株式…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]