/

「小悪魔アゲハ」の出版社など事業停止 負債30億円

女性ファッション誌「小悪魔ageha(アゲハ)」などを発行する出版社のインフォレスト(東京・千代田)とその子会社2社は15日付で事業を停止し、債務整理を佐藤・堀法律事務所(東京・中央)に一任した。負債総額は約30億円。

小悪魔アゲハは「ギャル系ファッション」誌として一時人気を集めたが、若者の雑誌離れで最近は低迷。帝国データバンクによると、2009年3月期には74億9600万円だった売上高が、13年3月期には49億4300万円に減っていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン