/

この記事は会員限定です

大正製薬、難病治療に「新型バイオ医薬品」開発へ

[有料会員限定]

大正製薬は「核酸医薬品」と呼ぶ新型のバイオ医薬品を開発する。医薬品ベンチャー企業のリボミック(東京・港)の技術を取り入れ、精神疾患やアレルギー疾患などの治療薬の実用化を目指す。核酸医薬品は病気を招く遺伝子やたんぱく質に直接作用し、治療が難しい病気への効果が期待できる。次世代の医療用医薬品として市場の拡大が見込まれており、新たな事業分野に育てる。

リボミックは東京大学の技術をもとに2003年に設立。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り820文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン